読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ERCが助成研究成果単行書のデポジット先にOAPENを推奨

ERC supports OAPEN library for open access books(2016/2/2付け)
http://us4.campaign-archive.com/?u=314fa411ba5eaaee7244c95e1&id=f953d26afe

という、半年前に見逃していたニュースについて勉強。

欧州研究会議(ERC:European Research Council)

ERCについて、日本語記事ではこれが分かりやすかった。

欧州の研究助成プログラムHorizon2020では、2014-2020年の7年間で総額770億ユーロの助成が行われる。Horizon2020の「Excellent Science」「Industrial Leadership」「Societal Challenges」という三本柱のうち、ERCは「Excellent Science」の重要な位置を占めていて、130億9500万ユーロ(全体の17%)という金額が配分されている。

http://www.sfi.ie/assets/media/images/content_images/International/ERC/ERC%20budget.jpg
cite: http://www.sfi.ie/international/the-european-research-council-introduction/

なお、現在のERCのプレジデントはJean-Pierre Bourguignon……って、なんか聞き覚えがあると思ったら数学者だった。IHESの元所長。何の論文を読んだのか思い出せないけど、ディラック作用素を勉強してたときに触れたのかなあ。

OAPEN-ERCプロジェクト

ERCでは、研究助成を受けて行われた研究成果について、書籍(monograph)も含めてなんらかのリポジトリに登録してオープンアクセスにすることが義務付けられている。エンバーゴは認められている。

Accordingly, the European Research Council:
requests that an electronic copy of any research article, monograph or other research publication that is supported in whole, or in part, by ERC funding be deposited in a suitable repository immediately upon publication. Open access should be provided as soon as possible and in any case no later than six months after the official publication date. For publications in the Social Sciences and Humanities domain a delay of up to twelve months is acceptable.


https://erc.europa.eu/sites/default/files/document/file/ERC_Open_Access_Guidelines-revised_feb_2016.pdf

Horizon 2020それ自体は monograph をOA義務化の対象にしていないので、ERC側でさらに強い要求をしているということ。で、

Appendix 2: Recommended repository for monographs and book chapters
The recommended repository for monographs, book chapters and other long-text publications is the OAPEN Library.


https://erc.europa.eu/sites/default/files/document/file/ERC_Open_Access_Guidelines-revised_feb_2016.pdf

として、デポジット先にOAPEN Libraryを推奨している。

ところで、

[Accordingly, the European Research Council:]
strongly encourages ERC funded researchers to use discipline-specific repositories for their publications. A list of recommended repositories is provided in Appendix 1. If there is no appropriate discipline specific repository, researchers should make their publications available in institutional repositories or in centralized ones, such as Zenodo.


https://erc.europa.eu/sites/default/files/document/file/ERC_Open_Access_Guidelines-revised_feb_2016.pdf

ということなのでERCは機関リポジトリよりもサブジェクトリポジトリ推しなんですね。

このERCとOAPENのパートナーシップは2015年11月に締結されていたらしい。2年間のプロジェクト。

In November, the grant agreement with the European Research Council (ERC) was formally signed. OAPEN-ERC is a two-year project to develop and implement the OAPEN Deposit service for OA books and chapters resulting from ERC funded research.


http://oapen.org/content/about-annual-report-2015

OAPEN Deposit Service

OAPENでは、ERC以外にも様々な組織とパートナーシップを結んで、OAPEN LibraryでDeposit Serviceを提供していたらしい。

  • Austrian Science Fund (FWF)
  • Austrian National Consortium
  • European Research Council (ERC)
  • Knowledge Unlatched
  • Netherlands Organisation for Scientific Research (NWO)
  • Swiss National Science Fund (SNSF)
  • Wellcome Trust

http://www.oapen.org/content/deposit-service-partners

# そう、OAPEN Libraryっていうのは「リポジトリ」なんだなと認識した(これまではなにやらよく分かってなかった)。

2015年のAnnual ReportにはNew projectsとして、Jisc Collectionsとのパイロットプロジェクトについて紹介されている。これも大きな話。
http://oapen.org/content/about-annual-report-2015

でもそのなかでもERCについてはかなり力が入っている。研究者向けの案内ページや専用のフォーム(文末のスクリーンショット参照)を用意し、トップページの右上にバナーが用意されている。
http://www.oapen.org/content/erc-deposit
http://www.oapen.org/content/oapen_direct_upload_form
http://www.oapen.org/content/sites/default/files/images_and_files/ERC%20submit%20button.png

OAPEN LibraryではGrant / Grant numberによる検索ができる(OAPEN Foundationが提供するもうひとつのサービスであるDOABではできない)ので、簡易なモニタリングにも使える。もちろんリポジトリとしてOpenAIRE compliantになっている。
http://oapen.org/search
http://www.oapen.org/content/oapen-services

f:id:kitone:20160810152458p:plain