第19回 #図書館総合展 の個人的なふりかえり

5年連続、8回目の参加になる、けど。

今回もいろいろがっちゃんこの依頼出張で、

  • 11/6(月)午後まで仕事→夕方のフライトで横浜入り
  • 11/7(火)図書館総合展(本務は「次世代リポジトリを考えよう」フォーラムでの登壇)
  • 11/8(水)学認運営委員会@NII

というスケジュールだった。

月曜日、ほんとはついでにNDLに寄って『「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会いシンポジウム~データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦』という魅力的なイベントを覗いてくるつもりだったけど、やむなく予定変更。
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201711rda.html

ここのところ本業でまったく余裕のない日々が続いていて、今回は最初から最後まで図書館総合展という気持ちにならないまま、日常を抜け出せないまま終わってしまったという感じ。空き時間はずっと仕事をしていたし。ブースにも行かなかったし。知人にもほとんどすれ違わなかったし。ああ、kumori(ゆきのちゃん)のポスターを見逃したのは痛かった……。岡本さんたしかに痩せたなあ……。

うん、やっぱりブースに行かなかったのがあかんかったんかな。あの「数メートルごとに知り合いとすれ違う」異常空間でテンションを狂わせてしまわないと、このお祭りを楽しめない。あんまり気持ちに余裕がなさすぎるときに参加するもんじゃないなぁ。

そんななか、帰りに、みんなの憧れ *やわとしょさん* とお茶したのが最高の思い出。マロンパンケーキをつつきつつ、開発中画面を見せあって「ここのpaddingが……」などとウェブデザ談義に花が咲く、そんなふわふわ素敵タイムだった(はず)。

参加したフォーラム

雑誌論文利用環境改善の国際プロジェクトについて

申込なしで当日飛び入り参加。この興味をそそられないタイトル、完全にスルーした。。

かねてより興味津々だった、JST千葉大学が参加したCHORのパイロットプロジェクトについて、詳細な報告がなされた。ざっくり言うと、JST-fundedな研究成果論文(の著者最終稿 or VoR)を商業出版社のサイトで公開してもらうというもの。JSTは本契約を結んだというニュースが先日流れていたけど、千葉大学も同様に継続するらしい(千葉大学の契約金額を聞いて意外な安さに驚いた)。JST千葉大双方ともに、決め手に欠ける(学術雑誌論文の)オープンアクセスの推進のために、機関リポジトリでのちまちました著者最終稿公開というトラディショナルな方法のみに甘んじることなくいろいろな手段を試していく、という攻めの姿勢が感じられたのが良かった。JST-fundedに限定すると論文の件数に限界があるけど、JSPSが加わったら面白くなりそう(当分ありえないだろうけど)。

それぞれの取組については、そのうち『情報管理』で文章化されるといいな。

司会進行の土屋先生が質疑応答で「で、SHAREとCHORUSはどっちが勝ってるんですか?」と尋ねて、マシューさんがごにょごにょしてたのが面白かった。

そういえば、CHORUSについては以前書いたことがあった。

「次世代リポジトリ」を考えよう

JPCOARから派遣されて、NIIとの次期JAIRO Cloud共同開発タスクフォースのメンバーになっている関係で、自分の考える「次世代リポジトリ」とやらについて10分間プレゼンして、4人でパネルディスカッションをする、というフォーラムに登壇することになり。

今回は、「海外では……」とかそういう小難しい or 偉そうな話をしたい気分ではなかったので、とことん自分に引きつけて、めちゃくちゃ偏った、しみったれた話をすることにした。「15年後にどういう仕事をしていたいですか?」「自分はどんな仕事をしてるときが一番楽しいんだろう?」「社会が、とか、国が、とかじゃなくて」というようなノリの……。次世代リポジトリへの期待としては、デジタルアーカイブなどに言及しつつ「多様さを支えられるリポジトリシステムに」なんてそれっぽくまとめたけども。「次世代ってなんなんだよ!」と苦しみながら準備してきたけど、当日皆さんの前で話しながら、「先輩たちの始めた仕事のうち、自分たちが捨てるべきと考えるものを捨て、残すべきと信じるものを残すのが次世代(世代交代)」と、胸の内にあったのはそんなシンプルさだったのかもなあと気づいたりした。しかし、パネルディスカッションも含めて、口が滑って本音がいろいろこぼれてしまった気がする。自分より若いひとたちに向けてメッセージを発したつもりが、終演後、複数のシニアの方から共感のお声がけをいただいてしまったのが印象的だった(ありがとうございました)。

資料はそのうち公開される、はず。

登壇者のひとり、南山さんのスライドはこちら。メタデータとか信頼性とか自動化とか。

なお、次期JAIRO Cloud開発についてはちょうど同日にニュースリリースが出されていた。共同開発の相手としてCERNやNIMSの名が挙がっている一方で、タスクフォースについては一切触れてないのが面白かった()。

EBSCO Discovery Service ユーザーフォーラム

ユーザー?というのはともかくとして……。朝日新聞社の方からは、聞蔵IIがEDSに搭載されたお話を。これは日本の新聞データベースがディスカバリーサービスに搭載された初めての事例になるらしい。今後はEDS以外のサービスにも展開されていく予定とのこと。

過去の参加記録

Open Repositories 2017参加報告

昨年に続き今年も国際会議Open Repositoriesに参加してきました、ののレポートがJPCOARのサイトで公開されました。
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/?page_id=49#_href_177
http://id.nii.ac.jp/1458/00000030/

ちょうど2年ぶり、2回目のブリズベン(オーストラリア)。今回は直前になっての代打出場で多少ドタバタしたものの、行ってみれば、ポスターセッションでのおしゃべりとか(1年半前にドイツでお世話になったひとにその後の成果を報告できた)、昨年ダブリンでお会いした方々との再会とか(それっきりだったのに顔を覚えててもらえたことに感激する)、IIIFを始めとするデジタルアーカイブネタの盛り上がりとか(もうそれが当然だと思うようになったけど、リポジトリとデジタルアーカイブが同じ場所で語られる驚きがあった)、フィールズメダリストであるSir Timothy Gowersの基調講演とか(結局話しかける勇気が出なかった。。)、ホスピタリティあふれるナイトミュージアムなGala Dinnerとか(ガーディアンのコスプレで写真撮ったり)、楽しんできました。

トンガッたイベントの多い東京近辺にいれば違うのかもしれませんが……、ふだんからせっせとネットで海外情報の収集にいそしんでいても、こういう場に出てみれば、当然、知らないことや見逃していたことがたくさんあることに気づくし、ディスカッションを聞いていてそれまで見抜けていなかった本質にはたと理解が及んだりもする。何より顔見知りのひとと話せるのも楽しい。これからもこういうチャンスを捕まえつづけていきたいし、チャンスが来たら多少無理してでも行くべきだと強く感じる。あるいはたとえ自腹を切ってでも数年に一度は参加しつづけていくくらいの覚悟も必要だろう。とりあえず、来年は6月にスウェーデンのウメオでCRIS2018が開催予定なのでなんとかして行きたいところですが。。(移転直前だなぁ

* * *

途中、数年来の高熱を出して(持参した薬が切れて)現地で風邪薬を買いました。日本人の体型的に分量大丈夫なのかとMAXの文字にビビりながら全部飲み干しましたが、たしかによく効いてくれた。まずくはなく、とはいえうまいとも言えないレモン味。こんな状態で復路便乗れるんだろうか……と気が遠くなったのが良い想い出。薬はまだ残ってますので欲しい方には差し上げます。

駅前のアパートメントホテルに泊まったので多少料理もしましたが、何より、スーパーでディスカウントしてたGippsland Twist Yoghurtというヨーグルトがべらぼうに美味かったです。大当たり。ほんとに。日本で売ってたら食べすぎて絶対に太るので上陸しないでほしい。

QUTからの帰り道で見つけた、教会を改装したパンケーキ屋も美味しかった。
http://www.pancakemanor.com.au/

会場近くのQueensplazaの地下に入っていた紅茶専門店T2で、フルーツティーを中心にいくつかをお土産に。

その裏にあるNoosa Chocholate Factoryも有名らしく気になっていたけど、夕方には結構売り切れちゃっていた。

日本からの参加者の3/4がHAYASHIだった件。ファイブカードを出せる日は来るのか。
f:id:kitone:20170627154237j:plain:w400

電子ジャーナルプラットフォームの著者表示欄

UI検討のためにいろいろ調査。パターンを網羅したとかそういうわけではない。

LIBER Quarterly (ubiquity press)

  • 著者名をクリックすると下にブロックが展開
  • メールアドレス(corresponding author)、所属、ORCID iD

f:id:kitone:20170905191715p:plainf:id:kitone:20170905191719p:plain
https://www.liberquarterly.eu/articles/10.18352/lq.10210/

Journal of Library Administration (Taylor & Francis)

  • 著者名をマウスオーバーするとツールチップが表示
  • メールアドレス(corresponding author)、所属、ORCID iD

f:id:kitone:20170905192040p:plain
http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/01930826.2017.1360021

Topology (Elsevier)

  • 著者名をクリックすると右にブロックが展開
  • メールアドレス(corresponding author)、所属、Scopus内の同著者の論文(ORCID iDがないのは例が悪いのだろうか)
  • 所属はShow moreでも表示される

f:id:kitone:20170905192214p:plain
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0040938309000159

Chemical Reviews (ACS)

  • 著者名をクリックするとACS内を著者名検索
  • ORCID iD
  • 所属はベタ書き
  • 下部にBiography欄

f:id:kitone:20170905193013p:plain
http://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/acs.chemrev.7b00192

Nature (NPG)

  • 著者名をクリックするとツールチップが表示
  • 所属、"These authors contributed equally to this work"、メールフォームへのリンク?(corresponding author)、著者名検索(Nature、PubMedGoogle Scholar
  • 下部にContributions欄(ベタ書き)
  • Scientific Reports (NPG) も似た感じ

f:id:kitone:20170905193021p:plainf:id:kitone:20170905193410p:plain
https://www.nature.com/nature/journal/v548/n7669/abs/nature23477.html?lang=en
https://www.nature.com/articles/s41598-017-04625-5

Cell (Elsevier)

  • 著者名をクリックするとツールチップが表示
  • 所属、著者名検索(Cell Press内)
  • メールアドレスはツールチップ内ではなく、メールアイコンに
  • 下部にAuthor Contributions欄(CRediTの語彙を使っているようだ)

f:id:kitone:20170905193641p:plainf:id:kitone:20170905193647p:plain

Science (AAAS)

  • "+ See all authors and affiliations"をクリックすると下にブロックが展開
  • 著者名の右肩の数字をクリックすると、該当する所属に移動し数秒ハイライトされる

f:id:kitone:20170905194009p:plain
http://science.sciencemag.org/content/357/6354/917.full

PLOS ONE (PLOS)

  • 著者名をクリックするとツールチップが表示される
  • 役割(CRediTの語彙を使用)、メールアドレス(corresponding author)、所属、ORCID iD

f:id:kitone:20170905194803p:plain
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0183345

F1000Research (F1000Research)

  • "+ Author details"をクリックすると下にブロックが展開
  • 所属、役割(CRediTの語彙を使用)
  • ORCIDアイコンをクリックするとツールチップ
  • メールアドレスはメールアイコンに

f:id:kitone:20170905195236p:plain
https://f1000research.com/articles/6-1636/v1

参考:CRediTについて

CASRAIが定めている、著者/貢献者の役割を標準的に記述するための語彙。以下の14種類がある。
http://docs.casrai.org/CRediT

Contributor Roles/Conceptualization
Contributor Roles/Data curation
Contributor Roles/Formal analysis
Contributor Roles/Funding acquisition
Contributor Roles/Investigation
Contributor Roles/Methodology
Contributor Roles/Project administration
Contributor Roles/Resources
Contributor Roles/Software
Contributor Roles/Supervision
Contributor Roles/Validation
Contributor Roles/Visualization
Contributor Roles/Writing – original draft
Contributor Roles/Writing – review & editing

関連:

Europenaの404エラーページ

有名なネタなのかもしれないけど、Europeanaのサイトで404 Not Foundになったときの画面が面白かった(例:/http://www.europeana.eu/portal/en/eng)。

f:id:kitone:20170802192241p:plain

GIFアニメになってる。なにこれ。

http://www.erikari.it/wp-content/uploads/2016/10/nonono.gif

この画像の裏話は以下にあった。

ベースになっているのは、ウェールズ国立図書館が(Europeanaで)パブリックドメインで公開している「Sir John Williams」という静止画像。それをベースに、このErika Inzitariさんが、メッシュを作成して、SpineってソフトウェアでGIFにしたっぽい。でもって今度はそれがEuropeanaに公式採用されたっていうわけか。面白いなー。

学術情報ソリューションセミナー2017 in 福岡「WALK ON THE WILD SIDE〜正解からの解放〜」

http://www.sunmedia.co.jp/information/2017solution_fukuoka.pdf

行ってきました。

福岡では例年九州大学が会場になっているけど、キャンパス移転大詰めのため、今年は西南学院大学で開催(来年はどうなるんだろう)。折しも、ちょうど4月にフォトジェニックな新図書館がオープンしたばかりで、その1階にある多目的ホールが会場になっていた。午前中は新図書館見学会・説明会も企画されていたものの、そちらはパスして職場で仕事をしていた。

f:id:kitone:20170728195101p:plain
https://opac.seinan-gu.ac.jp/library/

キャパは100人程度ということだけど、カウントしたら椅子は70席程度だったかな。後ろにブースも設置するとちょっと手狭なのは否めない。でもアイスコーヒーを用意してくださったり、例年のようにサンメディアさんがいろいろと工夫されていた(が、ブースを見たりスタンプラリーする時間がまったく取れなかった……無念)。

開始前の会場には小粋な音楽が流れ、このセミナーのメイキング映像(スタッフの皆さんの準備のようす)で幕開けするなど、サンメディアの皆さんが楽しく仕事されてるのが伝わってくる。

個人的なことでは、4年ぶりにフロリダ大学のNさんとお会いして、顔を覚えていてくださったことに感涙。


以下、軽くメモを。

研究データ管理サービス〜⼤学図書館とNIIの新たなチャレンジ〜

NII尾城さん。

  • 研究者の意識調査(DOI: 10.1371/journal.pone.0021101、10.1241/johokanri.59.514)を引いて「データを公開したい、あるいは公開しなければならないが、実現できずにいる研究者が多数存在する」と。翻って日本では倉田ら(10.1241/johokanri.60.119)を引いて「日本の大学・研究機関では研究データの管理、保管、公開について、十分な認識もなく、現時点では具体的な動きは何もみられない」と。
  • 千葉大のいつもの植物画像の話を聞いていて、今後こういう画像類は従来のリポジトリとデータリポジトリのどちらで公開していくべきなんだろうねえと考える。
  • JPCOAR製作のRDMトレーニングツール。プロモーションビデオを作っていたとは知らなかった。2017.11にJMOOC/gaccoで提供開始予定。これを使って、自学自習するだけでなく、利用者向けの情報リテラシー教育の一部に位置づけるなどして欲しいとのこと。

お話する時間がなくて質問できなかったのは

  • JSTのオープンサイエンス方針に即してDMPの作成支援を始めている大学図書館は国内にあるんだろうか?
  • NII/大学図書館として組織的にJSPSに対してきちんとオープンサイエンス方針(まずはオープンアクセス方針だけでも;現状のようなのじゃなくて)を策定するように働きかけたほうが良いと思うんだけど、何かしているのかどうか?

という点。

新図書館への資料移設から見えてきたこと

西南学院大学・坂本さん。

  • 専任職員は7名のみ(他は嘱託・業務委託など)というけして恵まれているわけではない体制。私大は関連会社を作ってそこに業務委託をしていることが珍しくないけど、国立大学もそのうちそうなるんじゃないかとか思いながら聞いていた。
  • 2016.10ごろから移設と同時にシステムリプレイスを敢行したという(うちも同じっちゃあ同じだけど)。
  • 電子ブックを資産計上しているのは大変そうだなあ。PDAを実施したときの想定課題についてはうまく理解できなかったので、気になる。
  • 移設中にILL無料化を行ったが、完全閉館の時期(2〜3月)が授業期間を外したこともあって、予算内に収まったという。
  • 新図書館になって、入館者数が昨年同時期の1.5倍になったというのがすごい(初の5000人/日超えも達成)。なお、入館ゲートだけじゃなく、退館ゲートも導入していた。

学術情報のトレンドと最新情報

ベンダープレゼンタイム。例年は4〜5のベンダーから立て続けに勢い良くプレゼンが行われ、ちょっと疲れてしまうのだけど、今回は2+2に分割されていた。以下のメモはまとめて。

  • IOP:電子ブックのフォーマットについて、HTML、PDF、EPUB3に加えて、Kindle MOBIが加わる。
  • ProQuest:EBook CentralのMediated DDA(5分試読→必要なら図書館に購入リクエストを送信)について。Title Matching Serviceとして、冊子体蔵書のISBNのリストを遅ればEBook Centralに入っているかどうか1〜2週間で調べてくれるという。やってくれるのは有り難いけれど、EBook CentralのISBNリストを公開してくれていればこちらでExcelでも使って瞬殺のような気がした。
  • Wiley:電子ジャーナル。個別タイトルモデル(プライスキャップなし)、コアコレクションモデル(プライスキャップあり)に次いで、データベースモデル(例外なく全ジャーナルにアクセス可能、プライスキャップあり)というシンプルなモデルが出たという。On the Shoulders of Giants: The Growing Impact of Older Articles (Google Scholar)を引いて、バックファイルの需要について語っていた。
  • OUP:Nucleic Acids Researchが2005年にFull OAになってからIFが上がっているという(2006年6.317→2016年10.162)。OUPのジャーナルのCost Per Citationのグラフも面白かった。『博士と狂人』の映画版。

博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話 (ハヤカワ文庫NF)

博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話 (ハヤカワ文庫NF)

e-Port Update

サンメディア・前田さん、宍戸さん。

  • サンメディアのドキュメントデリバリーサービスの話。紙でも電子でも対応しているけど、そのフロントエンドサービスとしてARROWというのをリリースしたという。

日本の学術論文:世界に向けて発信力を強化するために

エダンズグループCEO・山下さん。一番面白かった。あとでお話したかったのに、お忙しいのだろうすでに帰られていた……。

  • よく名前はお見かけするし、グローバルに展開しているけど福岡創業(港のかもめ広場んところにビルがある)なので長らく身近に感じていた会社ではある。けれど、どんなサービスを展開しているのかその全体像を把握してなかったなあと気づく。
  • ちょうど昨日(7/27)、Author Pathという「リアルタイム、オンライン・コラボレーション執筆プラットフォーム」のプレスリリースを出した。要はOverleaf、Authorea、PubPub(これだけ知らなかったけど、MIT発らしい)に類するようなツール。ただ、エディタをオンラインに載せたサービスを作ったわけじゃなく、長年の著者向けサービスのノウハウを活かして、論文執筆の「ガイド」をするようなサービスになっているのが特徴だという。例として、論文のタイトルを入力しようとすると、まずはメソッドから書いてはどうかとメッセージが出るという機能が紹介されていた。また、他のサービスが欧米発である一方、Author Path/edanzはESL(English as Second Language)という立場に立っていることも大きい。これは注目したい。

www.author-path.com

ディスカバリーサービス事始め〜知っているようで意外と知らない ディスカバリーサービスの本当〜

サンメディア・馬淵さん、大和田さん。恒例の寸劇タイム。毎年ハラハラしながら見守っている。「さとしくんは外資に行っちゃったよ。いいね、外資」が面白すぎた。

内容的にはここ1年くらいにリリースされたSummonの新機能(Altmetric、bX、統計ツール、Open Access Filter、Syndetics Unboundなど)の紹介。統計ツールがOracle Business Intelligenceに変わって、ノーヒット、キーワード検索/ファセット検索の別、が分かるようになったのは良いね。見逃していたのでチェックしよう。

文教大学における、ディスカバリーサービスの導入事例

文教大学越谷図書館・常盤さん。一番かわいかった(プレゼンが)。勉強になるなる。とりあえずプレゼンで駆使されていたBUNKOちゃんのLINEスタンプを買った(先代ののじのじくんもかわいい)。


  • サービス担当としてガイダンスもやり、Summonも担当しているという。大変だろうけど、自分で導入に関わったシステムを、自らガイダンスで売り込んでいくというのは良いありかた、とうちとこのことを振り返った。
  • 2016.3まで越谷キャンパスと湘南キャンパスの図書館でそれぞれOPAC(図書館システム)を導入していたという。偶然にも同じベンダーだったというが、なんとも……(日大もキャンパスごとにOPACがあるけど、似たような感じなのだろうか)。2つのシステムを統一するときに浮いた予算でディスカバリーを入れた、って感じらしい。
  • Summonの主たるターゲットを「図書と論文の区別がつかない」層と「図書と論文の区別はつくけど、データベースの使い分けはできない」層に定めた。ただし、ガイダンスをしてみると前者にはSummonを説明しづらいとか。
  • 商品選定は7名のチームで行った。重視した点は、操作性・直観性、リンクリゾルバー・文献管理ツールとの連携、価格、コンテンツ、検索の精度、の5点。中でも前3つ。特に、ターゲットを意識して「操作性・直観性」。で、Summonに決定。
  • 文教Searchのアイコンはサンメディアが作ってくれたという(そんなことまでやってるのサンメディアさん……)。

そういえば文教大学さんはウェブサイトの色味がうちとこと似ていて、前から気になっていたのだった。。Summonの検索対象を★印で示しているのは良いアイディア。

f:id:kitone:20170728205416p:plain
https://www.bunkyo.ac.jp/faculty/lib/klib/