読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館総合展で @solrmame さんと @min2fly さんといっしょにフォーラムします。

この三人が並ぶことはもう一生なさそう。(何

第15回図書館総合展 フォーラム「ここが図書館情報の最前線!! ―情報を未来につなげるカレントアウェアネス・ポータル―」

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/lff2013.html

  • 日時:2013年10月30日(水)15:30~17:00
  • 会場:パシフィコ横浜展示ホール2階第9会場
  • 事前申込制(キャパ:100人)
  • プログラム
    • 「カレントアウェアネス・ポータルの概要」 依田紀久(国立国会図書館関西館図書館協力課)
    • 「カレントアウェアネス・ポータルのつくりかた・つながりかた―元担当者の視点から」 林豊氏(京都大学人間・環境学研究科総合人間学部図書館)
    • 「カレントアウェアネス・ポータルから学べるもの―若手研究者の視点から」 佐藤翔氏(同志社大学社会学部助教)
    • パネルディスカッション

前半のトーク部分、自分はこれまであちこちで喋ってきたこと(このブログのどこかにも書いてあること)を繰り返すだけですが、カレントアウェアネス・ポータルのおそらく最古参かつ最強のヘビーユーザーである佐藤くんからどんなはなしが飛び出すのか、とても楽しみにしています。

後半のパネルディスカッションは、、、どうなるんですか、知りませんよ(司会者が時限爆弾らしい)。口をすべらせて余計なことを言わないようにしよう、自分が心配しているのはただそれだけです。

いずれにせよ、現担当者が口にするといろいろとさしつかえのあることを代弁する、そんな損な役回りとしてわたしは呼ばれております。たぶん。



ちなみにカレントで総合展のフォーラムをやるのは初めてじゃありません。2008年の「図書館員の「知」を活用する―カレントアウェアネスポータルとレファレンス協同DBを中心に―」というフォーラムで、堤さんが発表されてます。

でもこのときはレファ協と対バン。ワンマンは今回が初かな?(そして最後となるのか?)