読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1Science:オープンアクセス関連サービスを提供するカナダのスタートアップ

欧州のScience-Metrix社からスピンオフした[*1]、1Scienceというカナダのスタートアップがあり、学術機関向けにoaFindr、oaFoldr、oaFigrという3種類のオープンアクセス関連のサービスを提供している。なかなかうまく昨今のニーズを突いてくるなあと(10月末に……)思ったので簡単に紹介したい。具体的な情報が少ないので想像まじりだけど……(間違っていたらすみません)。

  • oaFindr
    • 「世界最大の」オープンアクセスな査読論文の検索データベース(グリーンもゴールドも)
    • FAQ[*2]ではGoogle Scholarとの違いを査読論文に限っていることとしているが、oaFindrの意義は他の2サービスの土台であることだろう
  • oaFoldr
    • クラウドリポジトリサービス
    • FAQ[*3]などによると、導入機関の研究者のオープンアクセスな査読論文を、オープンアクセスジャーナルもResearchGateなどのサービスも他機関のリポジトリ(共著者がデポジットしたもの)などあらゆるところから集めてきて、ひとつのリポジトリで見せるというものなんだろう。すごいね!
    • FAQ[*4]によると、単独でも、既存のリポジトリとの併用も可能(併用するばあいはリポジトリのデータをoaFoldrにハーベストするんだろうね)
  • oaFigr
    • oaFigr SubscriptionsとoaFigr Institutionsの2種類がある
    • oaFigr Subscriptionsは導入機関の契約ジャーナルの論文がどれくらいオープンアクセスになっているか、自機関研究者がどのジャーナルに投稿しているか、引用しているか、などが分かる。契約見直しのための意思決定支援ツールかな
    • oaFigr Institutionsは研究評価系のツールかな。InCitesやSciValと同じセクターだろうけど、論文レベルでのオープンアクセス状況を基礎データとして持っている点が優位だろうか。InCitesとSciValの基礎データベースであるWeb of ScienceとScopusは、DOAJを元にしたジャーナルレベルでのオープンアクセス状況しか把握できてないから

oaFoldrでオープンアクセスモニタリングできそうだなあ(CRISのメタデータを全部入れてマッチングとかできるんなら)、と思った。


なお、これらのサービスは2015年10月に正式リリースされたばかりらしい。開発には2年をかけたと書いてあるが、会社の創業年がよく分からなかった。


The idea for 1science occurred to Dr. Archambault in the course of performing a bibliometric contract for the European Commission. [snip] Whereas previous measurements by the scientific community claimed that only a quarter of these papers were available in open access form, the technology developed by the Science-Metrix team revealed the actual availability was twice that amount.

とあるので以前紹介したレポートの作成中に1Scienceのアイディアが生まれたようだ。

モントリオール理工科大学図書館(Library of École Polytechnique de Montréal)がファーストカスタマーになったとも書いてあり、同館のサイトを見るとたしかにOAfindrのバナーがはってある。認証を求められるのでアクセスはできないが……。利用者がオープンアクセス文献を探すためのツールとして提供しているのだろう。

f:id:kitone:20160111002826p:plain

*1:"Visit our spin-off company 1science to find all open-access, peer-reviewed scholarly articles, in one place." http://www.science-metrix.com/

*2:"Google Scholar is a great product but it contains more than just peer reviewed scholarly articles, and its contents are far from always being openly available. In oaFindr, researchers' productivity is optimized, not compromised: researchers do not have to sift through pages of irrelevant material to retrieve just a few high-quality papers."

*3:"In contrast to a traditional institutional repository, however, it harnesses the power of crowd depositing, making it extremely powerful: for a scholarly paper with multiple authors, often from different institutions, only one author has to self-archive for all authors, and all institutions, to benefit."

*4:"oaFoldr can be used as standalone to rapidly get up to speed with the OA movement as it allows universities to rapidly repossess a large part of their own scientific publications. It can also be used alongside existing repositories where it acts as a discovery layer that combines locally deposited contents with the content harvested by 1science spiders from all over the world (both green and gold papers with their associated metadata)."