読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内大学図書館におけるディスカバリーサービス導入事例のリスト

図書館システム まとめ

日本の大学図書館でもいわゆるディスカバリーサービス[*1][*2][*3][*4]が広まってきて、そろそろ導入が“ニュース”になるかどうか微妙なラインにさしかかってきたなあという印象があります。

いま現在どれくらいの導入館があるのか、把握しているかぎりを一覧にしてみます[*5]。以下、製品・サービスごとに分類し、公開日(正式公開 or ベータ版公開)順に列挙しています。(最終更新日:2014/4/13)


RICOH

**筑波大学「Tulips」(2010/3)

Primo / Ex Libris

奈良先端科学技術大学院大学(?)

創価大学(?)

札幌医科大学「PIRKA」(2013/7/1リリース)

Summon / Serials Solutions

佛教大学「お気軽検索」(2011/4)★国内初

九州大学「Cute.Search」(2012/1/18)

お茶の水女子大学「Ochanomizu Search」(2012/3/30ベータ版公開、まだベータ)

日本女子体育大学「ニチジョSCOPE」(2012/?ベータ版公開、まだベータ)

芝浦工業大学「S.I.T. Search」(2013/4?)

はてなアンテナに引っかかったのは2013/4/22

東京大学「TREE(UTokyo REsource Explorer)」(2013/10/2試行版提供開始)

大正大学「とりあえず検索 クイックサーチ+(プラス)」(2013/11/5ベータ版公開)

一橋大学「学術論文検索サービス(愛称募集中)」(2014/4/1)

高知大学「Kochi University Discovery Service」(2014/4/1)

XC(eXtensible Catalog)

オープンソース。国内ではNTTデータが取り扱っている[*6]。

鹿児島女子短期大学・志學館大学志学館中等部・高等部(2013/10)

EBSCO Discovery Service / EBSCO

※EDSはサービスのトップページのURLが http://search.ebscohost.com/login.aspx?group=main&profile=eds と共通なのかな。

関西国際大学(2013/2/27テスト運用中)

山形大学(2013/4/1)

北海学園大学(2013/4?)

  • http://library.hgu.jp/
  • 4月という根拠は特にないのですが4/1付けでウェブサイトリニューアルしてるのでそのタイミングなのかなと

東京家政大学(2013/4/10)

学習院大学(2013/7/1テスト版公開)

名城大学(不明……)

駒澤大学「Kompass Discovery Service」(2014/3/26)

新潟国際情報大学(2014/4/1)

WorldCat Local / OCLC

早稲田大学

*1:この界隈にはディスカバリーレイヤー、ディスカバリーインタフェース、ディスカバリープロダクト、ディスカバリーサービス、ウェブスケールディスカバリー、ウェブスケールディスカバリーインタフェースなどいろいろな呼称があります。

*2:「次世代OPAC」とやらとの区別は正直よく分かりませんし、ふつーの「OPAC」との境界線も微妙だと感じることもあります。片岡さんは次世代OPAC=ディスカバリ・インターフェースと捉えているようです。http://current.ndl.go.jp/ca1727

*3:京大を入れるべきなのかどうか…….富士通のプレスリリースでは「次世代OPAC」と謳われていましたが.http://kuline.kulib.kyoto-u.ac.jp/

*4:個人的に興味のあるのはセントラルインデクスを持つもの、つまりウェブスケールディスカバリーのほうなので、そう限ってしまうのが得策なのかもしれません。あるいは「●●」という製品を入れているかどうかのリストだと考えるとか。

*5:ベンダさんには導入館リストをきちんと公開してほしいなぁと思ったり。

*6:トップページのtitleタグに「search records」という不要に思える文字列が含まれることを利用して「"search records" site:ac.jp -お茶の水 -鹿児島大学 -東京工業大学 -金沢大学 -cute.catalog -熊本大学 -福岡大学」としらみつぶしに調べたところ、他にはないと思われます。

*7:某さんからの情報による。