読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editorial ManagerがCRediTを採用

メタデータ

http://credit.casrai.org/

#orcid13 に参加したからなのか、Aries社から時々メールマガジンが届くようになった。その2015年6月号で、Editorial Manager(バージョン13.0?)でCRediTに対応した(する?)というニュースが紹介されていた。ウェブ上で他に情報源が見当たらないので引用しておく(強調は引用者による)。

There is a new open standard emerging for expressing/classifying the diverse roles that lead to research output. The classification includes, but is not limited to, traditional authorship roles.

Project CRediT (Contributor Roles Taxonomy) has created an initial taxonomy that classifies fourteen different 'Contributor Roles'. Each person contributing to a piece of research may be assigned multiple roles.

EM's initial implementation of the new standard allows:

  1. The ability to attribute one or more 'Contributor Roles' to each Author of a submission
  2. The ability to identify the degree to which a particular contributor was involved, i.e. one of "Lead", "Supporting", "Equal"
  3. The ability to configure the collection of Contributor Roles per Article Type, as either optional or required.

f:id:kitone:20150616121142p:plain


Editorial Managerは論文のオンライン投稿・査読に使われるシステム。日本だとアトラスさんが扱っている。

その中でCRediTの定めた語彙を使って著者や貢献者の役割を記述できるようになったということになる。上の画像(Contributor Roles欄)にあるように、チェックボックスで選択するだけなんだろう。複数選べるんだ。

CRediTの語彙一覧は以下にある。CASRAIのdata dictionaryの一部として位置づけられている(そう、CASRAIがらみってこともあって興味津々なのです)。
http://dictionary.casrai.org/Contributor_Roles



論文著者等の役割をどうメタデータに記述するかという問題は実務的にも研究(?)的にも興味を持っていて、過去のエントリでも触れたことがある。