読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館システム

図書館ウェブサイトの新着図書ギャラリー的なもの

メモ。他に見つけたら足します。 ICU http://www-lib.icu.ac.jp/ 「New Book」 位置:検索窓→お知らせ、の下 3冊 x 6ページ = 18冊(ループ) 簡易書誌全部出し 日英共通インタフェース、でも英語画面からでもOPACの日本語画面にリンク ウェブサイトはWordPr…

eXtensible Catalog x カーリルAPI(佐賀大学附属図書館)

http://www.lib.saga-u.ac.jp/ http://opac.lib.saga-u.ac.jp/opc/メモ。佐賀大学附属図書館のOPACが2015年3月にリニューアルしていたらしい。前システムがどういうものだったか覚えがないけど、NTTデータのeXtensible Catalog(XC)になっている。詳細画面…

ロンドン大学SOASがKuali OLEを導入

# たしか夏頃にSOASに行くひとがいたような……と思いながら。https://www.kuali.org/news/2015/04/22/soas-library-implements-kuali-open-library-environment2015年4月22日、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)がオープンソースの図書館システム“Kua…

ProQuestが360 Linkの新機能IEDLを発表ーSummonの統合インデクスでリンキングの失敗を解決する

さて、ALAですね。そんなわけで、ProQuest社が6月25日付けでニュースをふたつ出しました。どっちかというとふたつめにびっくりし、記事タイトルに採用。 http://www.proquest.com/about/news/2014/Intota-Enables-Transformation-of-Library-Workflows.html …

Encore with EDS→Encore Duet

# 微妙なネタなのでCA-Rでは取り上げづらいと思い、メモ。http://www.iii.com/encore-duet2014年4月30日に、Innovative Interfaces社が“Encore Duet”というディスカバリーサービスを発表しました。プレスリリースはあっさりしてるというか通りいっぺんのこと…

『専門図書館』の図書館システム特集に解説記事を書きました

『専門図書館』という雑誌では、数年ごとに図書館システム特集が組まれています。このたび、2014年の特集の総論として「最近の図書館システムの基礎知識―リンクリゾルバ、ディスカバリーサービス、文献管理ツール」という解説記事を書きました。年明けに(@t…

Intota Assessmentの導入事例&今後のIntotaリリーススケジュール

2013年12月号『情報の科学と技術』に掲載された佐藤翔さんの「図書館系ブログ・ニュースサイトと情報の取捨選択」のなかで,このブログが「大学図書館や図書館システム関連の記事を多く扱い,カレントアウェアネス-Eのレビュー等も掲載する」と紹介されてい…

メモ:ディスカバリーサービス「Primo」の紹介(『薬学図書館』58巻4号)

先月頭に id:tzhaya さんから聞いて気になっていたプロダクト・レビューがやっとメディカルオンラインで読めるようになっていました(冊子体は薬学部図書室にしかないのでずっと待っていた). 平野覚. ディスカバリーサービス「Primo」の紹介: Primo―Discov…

図書館の外に出て新OPACをアピール、しかも学生協働

図書館蔵書検索システム「嘉蔵」リニューアルイベントを行いました http://www.kaetsu.ac.jp/13-11-06-01.html 学生協働「Liss」の取組が有名な嘉悦大学(実は事務職員に知人―まだ面識はないけど―がいる)がこんなニュースを出していました。OPACのリプレイ…

アジア初,香港の嶺南大学がInnovative Interfaces社の次世代型図書館業務システムSierraを稼働開始

Lingnan University Upgrades to the Sierra Services Platform: First Library in Asia Live on Sierra http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=583Innovative Interfaces社が8月9日付けのプレスリリースで発表したところによると,香港の嶺南大学図書…

専門性とかシステムズライブラリアンとかどうでもよくて(E1459感想)

6月末に「江別の鈴木」さんこと鈴木敬二さんがDSpaceのコミッターになったというニュースが流れました. http://current.ndl.go.jp/node/23811 鈴木さんは元大学図書館員(職場の大先輩)で,DSpaceは機関リポジトリ用のオープンソースソフトウェアのひとつ…

韓国初,ソウル大学校がEx Libris社の次世代型図書館業務システムAlmaを導入決定

Seoul National University Selects Ex Libris Alma ">http://www.exlibrisgroup.com/?catid={916AFF5B-CA4A-48FD-AD54-9AD2ADADEB88}&itemid={A2DA9E4A-A5C3-4AC3-A193-44EA7E2329A4}2013年7月11日,韓国のソウル大学校(Seoul National University)がEx L…

Innovative Interfaces社が新ディスカバリーサービス“Encore ES”を発表―その新しさはどこにあるのか

http://www.iii.com/news/pr_display.php?id=5742013年6月28日に,Innovative Interfaces社[*1]が新しいディスカバリーサービス“Encore ES”を発表しました. Encore ESの特徴として,まずは,EBSCO社のウェブスケールディスカバリーサービス“EBSCO Discovery…

図書館の価値をデータで示すBIツールーSerials Solutions社“Intota Assessment”のベータテストが開始

2013年6月27日から7月3日にかけてシカゴでALA年次大会が開かれています(知人が参加しているようで羨ましい).そのせいもあってここのところ図書館系システムベンダが続々とプレスリリースを出していてチェックが大変…….数日で数十件というレベルです. そ…

ProQuestがコラボレーション機能をウリにした新しい文献管理サービス“RefWorks Flow”を発表

http://flow.proquest.com/ http://www.proquest.com/en-US/aboutus/pressroom/13/20130411.shtml2013年4月11日に,ProQuestが“RefWorks Flow”という名の新しい文献管理ツールを発表しました.UKSGやACRLのカンファレンスでデモが披露されたそうですね. Ref…

2013年図書館システム市場動向レポート

マーシャル・ブリーディング(Marshall Breeding)さん[*1]による毎年恒例の図書館システム市場動向レポートの2013年版が出ました(E1169,E1282参照).今年のサブタイトルは“The Rush to Innovate”[*2]Automation Marketplace 2013: The Rush to Innovate …

国内大学図書館におけるディスカバリーサービス導入事例のリスト

日本の大学図書館でもいわゆるディスカバリーサービス[*1][*2][*3][*4]が広まってきて、そろそろ導入が“ニュース”になるかどうか微妙なラインにさしかかってきたなあという印象があります。いま現在どれくらいの導入館があるのか、把握しているかぎりを一覧…

プリンストン大学図書館がウェブサイトリニューアルを進行中

以前スタンフォード大学を取り上げましたが,プリンストン大学図書館[*1]がウェブサイトのリニューアルを進行中だそうです.現在ベータ版サイトを公開していて,6月に正式公開とか(via Library News and Blogs » Library Website Redesign).大規模な大学…

“お弁当”みたいな検索結果の表示方法

図書や雑誌や電子ジャーナルや論文やらいっしょくたに検索できる図書館のディスカバリーサービス[*1],のユーザインタフェースの話. 日本国内の図書館でも,Serials SolutionsのSummon,EBSCOのEBSCO Discovery Service,Ex LibrisのPrimoというように(ウ…

薬学図書館の57(4)が図書館システム特集―Ex Libris社のAlmaについての記事も

『薬学図書館』57巻4号が図書館システム特集を組んでおり,以下の9本の記事を掲載しています. 個別サーバー型図書館システムの現状とクラウド型図書館システムの登場 図書館システムCARIN-iの取組み-OPACからディスカバリーインターフェイスへ- クラウド…

2012年国際図書館セミナー@京都:WorldShare & WorldCat Local

ちょっと時間が経ってしまいましたが……,2012年10月26日にキャンパスプラザ京都で開催された,2012年国際図書館セミナー「ディスカバリーサービスと未来の図書館システム―OCLC WorldCat LocalとWorldShare―」に参加してきました. このセミナーは,紀伊國屋…

スタンフォード大学図書館のウェブサイトリニューアルについて

2012年8月28日にスタンフォード大学図書館のウェブサイトがリニューアルされました.自分の観測範囲ではですが,けっこうあちこちで話題になっていたように思います.図書館が何十館もあるような巨大な大学の事例は気になりますよね…….レビューというほどじ…

『Web Designing』2012年9月号のWordPress特集に佛大図書館デジタルコレクションが登場!

『Web Designing』2012年9月号の特集のひとつ「実例が教える脱blogなWordPress活用術」で,佛敎大学図書館デジタルコレクションの紹介記事が掲載されています! ……っていう話はうっすら聞いていたのですがすっかり忘れていて(^^;).昨日,大向先生(画伯アイ…

R.I.P. 147.js

たまには技術ネタ.以前の職場で開発したちょっとした「しくみ」が来るシステムリプレイスによって引退すると聞いたので簡単にまとめておこうかなと思いまして. どんなん 図書館のOPACで雑誌を検索すると右上に小窓が登場して電子ジャーナルへのリンクが表…